台湾の跨年(年越し)の過ごし方:新暦の年越しは打ち上げ花火で祝おう!!

台南胡厝寮

こんにちは〜

そろそろお正月ですね!!台湾は旧正月で年が明けるので1月1日は特にお正月らしいことはしません。12月31日から1月1日にかけてを「跨年」と呼び、1日が祝日になります。

今回は、「跨年」の過ごし方についての紹介です。

台湾ではなぜか「跨年」に音楽祭をやるところが多いみたいです(要するに年越しライブ)。台湾人の若者は「跨年」を家族と過ごすというよりかは、友達と外で過ごすことが多いようです。外でご飯を食べたり花火を見に行ったりしながら年越しします。冬に花火??!と思いますよね・・・台湾では、イベントとして年越しの際に打ち上げ花火があがる場所があります。有名な花火スポットとしては台北101がありますね。必ず混雑するので象山など少し離れた場所で観るのがおすすめです。

ちなみに、1月1日はレストランや屋台お休みをするので注意して下さい。まったく何も食べれないということはありませんが、目当てものが食べれない可能性があります。

以前、1月1日に台湾へ行った際に近所のお店が閉まっていたため、病院のフードコートで食べました。大学病院のフードコートは年中無休なので、食事に困ったら行ってみるといいですよ。意外においしいものが揃ってます。

年末年始で台湾へ旅行される方は是非花火を見て台湾風の年越しを体験してみて下さいね!!

それでは〜