猫空で夜景を楽しみながらお茶を飲もう!!四爺(SIHYE)&猫懶(MAOLAN)はアクセスも便利!

四爺(SihYe)

こんにちは〜

今回は、猫空にある茶芸館「四爺(SIHYE)」とその上の階にあるレストラン「猫懶(MAOLAN)の紹介です。

猫空へ行ったなら美味しいお茶と素敵な景色を楽しみたいですよね〜

「四爺」はお店の中でお茶を飲みながら景色が楽しめ、「猫懶」は屋外なので見晴らしがよく、台北市内を一望できます。

しかも、ロープウェイの駅から近いのでアクセスが便利!!迷子にならない近さです。

早速、「四爺」と「猫懶」へ行ってみよう!!

場所は、ロープウェイの猫空駅から徒歩1~2分程で着きます。駅を出たら右へ進みましょう。

四爺(SihYe)

↑すぐに立派な建物が見えてきます。

四爺(SihYe)

↑1階が「四爺」で、2階が「猫懶」になります。お会計は別なので途中で移動することはできません。

1階の「四爺」へ行ってみましょう。

四爺(SihYe)

↑お店は台湾風の庭をイメージした感じになっています。

四爺(SihYe)

↑味のあるテーブルとイスですね!!

四爺(SihYe)

↑池と橋まであります。

四爺(SihYe)

↑「四爺」では、ほとんどがこのような個室になります。台北101などが見える部屋は数部屋しかありません。

四爺(SihYe)

↑台北市内が見える部屋がいいと希望を出してみましょう。写真ではわかりにくいですが、台北101がよく見えるお部屋があります。

まずは、飲み物を頼みましょう。猫空は烏龍茶の産地なので烏龍茶がおすすめです。お茶の種類は数種類あるので、お店の人に聞きながら注文してみましょう。

四爺

↑「四爺」のホームページより。食事もできます。

烏龍茶を頼むと茶葉、茶器、お湯が用意されます。お店の人がお茶の入れ方を教えてくれるので、2回目以降は自分たちのペースでお茶をいれて行きましょう。

四爺(SihYe)

↑左が聞香杯(香りをたのしむ器)、右が茶杯(お茶を飲む器)です。台湾では烏龍茶を飲む前に、まずは香りを楽しみます。茶葉によって香りが違いますよ~

おしゃべりを楽しみながらゆっくりとお茶を楽しみましょう。残った茶葉は持ち帰りOKです。

夕暮れや夜景は「四爺」からでも楽しめますが、写真を撮りたい方は2階の「猫懶」へ行ってみましょう(一応、お店の方に聴いてくださいね。席の移動はできないので、お茶は置いていきます)。

猫懶(MAOLAN)

↑2階の「猫懶」から見た夕暮れ。もう少し早いと夕日が見えますよ~

四爺(SihYe)

↑「猫懶」はカジュアルレストランといった感じで、お酒なども飲めるようです。

猫懶(MAOLAN)

↑夜になるとライトアップされます。いい雰囲気ですね~

猫懶(MAOLAN)

↑景色がよく見える席が人気です。平日でも結構人がいますね~

猫懶(MAOLAN)

↑夜景を見ながらディナーを食べている人が多かったです。

猫懶(MAOLAN)

↑猫空は山の上にあるので、晴れていれば夜景がきれいに見えます。台北101もきれいに見えますよ~

「四爺」と「猫懶」の営業時間は、10:00~23:00(日曜日~木曜日)、10:00~1:00(金曜日、土曜日)、行き方はこちら。

「猫懶」は午後に行くと日差しが強く、暑い時期にはちょっと辛いかもしれません。午後~夕暮れに行くのがおすすめですが、最初から屋外は暑すぎます・・・

景色がよく見えるのは屋外の「猫懶」なので、お店の人に途中で見に行っていいか聞いてみるとOKとのこと。「四爺」でお茶をして、お店の人に声をかけてから2階へ行き景色を見るのがおすすめです。

それでは~