台湾新幹線(台湾高鐵)の3日間乗り放題パスで台湾中南部を旅行しよう!

台湾新幹線

こんにちは~

引き出しの中を整理していたら、先々月に台湾に行った時に使った新幹線のパスが見つかったので、新幹線乗り放題パスの紹介をしようと思います。

台湾新幹線(「高鐵(高鉄)」と現地の人は呼びますが・・・)は台湾の西部を南北に走る新幹線です。

台湾新幹線

南港、台北、板橋、桃園、新竹、苗栗、台中、彰化、雲林、嘉義、台南、左營(高雄)が停車駅ですが、止まらない駅がある場合などがあるのでその都度チェックが必要です。台北から高雄までは停車駅が少なければ1時間34分ほどで移動できます。

最近は台北以外の都市でも旅行者の方を見かけるようになりました。新幹線が開通して、台北以外の都市にもアクセスしやすくなったからでしょうか。中南部の都市も素敵な場所が多いので、旅行者が増えるのはうれしいものです。

台湾新幹線には外国人に対する優待があり、台湾国内の滞在が90日以内であれば乗り放題パスを購入することができます。乗り放題パスには以下の4種類があります。

①高鉄3日パス(連続3日間新幹線乗り放題)2200元
②高鉄フレキシブル2日パス(指定した期日から7日以内の2日間が新幹線乗り放題)2500元
③高鉄・台鉄標準5日間ジョイントパス(指定した期日から5日以内で選択した2日間が新幹線乗り放題、残り3日間は台鉄乗り放題)2800元
④高鉄・台鉄特級5日間ジョイントパス(指定した期日から5日以内で選択した2日間が新幹線乗り放題、残り3日間は台鉄乗り放題)3600元
(2017年7月現在、高鉄のホームページより)

③と④の違いは台鉄(台湾の鉄道)の「自強号」という特急列車に乗れるかどうかです。台湾の東部には新幹線がないので「自強号」が速くて便利ですが、台北を拠点として西部を移動する場合は新幹線が便利だと思っています。そのため、個人的には①の3日間乗り放題が一番お得なパスだと思っています。墾丁などの南部の海に行く場合は②のフレキシブル2日間パスでもいいかもしれませんが・・・

ちなみに台北⇔台南の往復の自由席が1305元×2=2610元なので、台北と台南を往復するだけで3日間乗り放題パスの元かとれるようになっています。台北から台南までは新幹線で1時間45分なので日帰りでも行けます。

では、この周遊パスの購入場所です。

①台湾新幹線(台湾高鉄)のホームページで購入(http://www.thsrc.com.tw/event/2013/THSRPass/JP/Index.html
②JTBやVeltraなどのサイトで購入(使用期日の3日前までしか購入できないので注意が必要)
③JTB台湾ラウンジ(雙連駅から徒歩で行けます)

①と②で購入した場合はEチケットを印刷、③の場合は引換証をもらいます。Eチケットまたは引換証を高鉄窓口に持っていき、パスポートを提示します。そうすると、窓口の人が手続きをしてくれ、高鉄パスを発行してくれます。窓口の人は英語を話せる人が多いようなので、中国語がわからなくても安心です。

高鉄3日パス

ノートみたいなパスです。

この乗り放題パスは指定席にも乗れるので窓口で行き先を伝えます。自由席であれば、このパスとパスポートを改札口の係員に見せれば普通に新幹線に乗れます。

指定席に乗る場合は写真のように手書きで時間と指定席番号を書いてくれます。切符はもらえないのでこのまま改札口でパスとパスポートを見せて新幹線に乗りましょう。

ちなみに指定席に乗るために毎回窓口に並ぶのは時間がもったいないので窓口の人にまとめて予約とれるか聞いてみました。新幹線に乗る時間が決まっていればまとめて予約できるとのことで、私は次の日の分も予約しました。2日目は台中にいたのですが、台中の高鉄窓口で次の日の桃園⇔台南の予約をしました。どこの窓口でも予約できるようですね。

時刻表は高鉄のホームページで確認できます。PDFも印刷できるので、私は3日間持ち歩いていました。

 

↑台湾の地図も後ろについています。

台湾に長めに滞在するのであれば1日目台中、2日目台南、3日目高雄などと中南部を満喫するプランも楽しいと思います。

台南 新幹線からの風景

写真は台南から帰るときに新幹線からみた夕日です。新幹線は中心部から離れたところを通るので台北とは違った風景が楽しめます。

最後に、このパスを使う度にパスポートの提示が必要なので必ず持ち歩いて下さい。パスポートがないと乗れませんよ~!!

それでは~