細麺の牛肉麺なら史記正宗牛肉麺がおすすめ!(台北、行天宮駅)

史記正宗牛肉麺 紅焼

こんにちは~

今回は台北に行くたびに通っている牛肉麺の紹介です。牛肉麺は台湾ではポピュラーな食べ物ですが、お店によって味が全然違います。麺も細麺だったり刀削麺のような太麺だったりと店によって様々です。

今回のお店は行天宮駅から徒歩7分程の場所にある「史記正宗牛肉麺」です。台湾の友達に「牛肉麺が食べたい」と言ったところ「近くにおいしい店があるよ!!」と連れていってもらったお店です。それ以来、細麺の牛肉麺が気に入ってしまい、近くに行くたびに通っています(友達には「またそこ??」って言われるくらい嫌がられてますが・・・)

早速、「史記正宗牛肉麺」へ行ってみよう!!

まず、行天宮駅の出口1番から出ます。そうするとスターバックスがあるので、そちらのほうに進んでいきます。スターバックスの前で右に曲がり「民生東路」をしばらく歩くと「史記正宗牛肉麺」が見えてきます。「吉林路」を通り過ぎたら着きます。

史記正宗牛肉麺 史記正宗牛肉麺

台湾にしては看板が控えめなので探しにくいかもしれません。

史記正宗牛肉麺

お店に入るとクーラーがよく効いています。熱い麺を食べるには必要ですね!!店内もきれいです。

このお店は人気店なので、2人で行くと相席になります。他のテーブルが空いていても相席になることがありますが、すぐに次のお客さんが来るのでしょうがないみたいです。

史記正宗牛肉麺

↑メニューはこちら。

史記正宗牛肉麺

注文票を渡されるので書き込んだら店員さんに渡します。ここは牛肉麺のお店なのでだいたいの人が牛肉麺+小菜(サイドディッシュ)を頼んでいます。

牛肉麺は「清燉」と「紅焼」の2種類がオススメです。牛肉は「牛肉(牛肉のみ)」、「半筋半肉(牛肉+牛すじ)」、「全筋(牛すじのみ)」の3種類から選べます。私はいつも「半筋半肉」を選びます(両方楽しめるので・・・)。

ちなみに、「紅焼」は辛さが選べるようになっていますが、実はあとからテーブルの上にある「辣椒醤(辛いソース)」で辛さを自分で調整するので、注文時に迷う必要はありません。

史記正宗牛肉麺 清燉

↑「清燉半筋半肉麺」270元です。牛肉麺にしては珍しい白いスープで、あっさりしています。そして、牛肉も薄切りなので柔らかくておいしいです。

史記正宗牛肉麺 紅焼

↑「紅焼半筋半肉麺」270元です。少しピリ辛の紅いスープです。牛肉がごろっと入っていますが、こちらも食べやすくおいしいです。

史記正宗牛肉麺 ピータン豆腐

↑「皮蛋豆腐」50元です。こちらも安定したおいしさです。

細麺の牛肉麺で比較的あっさりしているので、男性のお客さんは小菜(サイドディッシュ)を頼む人が多そうです。私はたくさん食べれるほうではないので、牛肉麺だけでお腹いっぱいになってしまいます。

「清燉」も「紅焼」もよく食べますが、あっさりした味が好きな方は「清燉」、濃いめで辛いのが好きな方は「紅焼」がオススメです。

営業時間は11:30-15:00、17:30-21:00でお昼休みがあるので注意してくださいね。

「史記正宗牛肉麺」の行き方はこちら。

牛肉麺以外では「紅油炒手(ラー油のピリ辛ワンタン)」がいつも気になっているので一度食べてみたいですね~

それでは~