永楽市場と國華街でおいしいものを食べよう!台湾人がおすすめするグルメ3選(台南)

割包

こんにちは~

今回は、台南の永楽市場と國華街のおすすめグルメの紹介です。台南といえば美食の街です!!台湾人も「おいしいものを食べに南部へ行こう」と言うくらい南部においしいものが集まっています。また、値段も安いので食べ歩きをするにはぴったりの場所です。

永楽市場と國華街もおいしいものが集まる場所として有名です。いろいろなお店があるので迷ってしまいますよね~

今回は、台南の友達(台湾人)がおすすめするグルメの紹介です。この友達は食べるのが大好きなようで、台南に行くといつもおいしいものを食べに連れて行ってくれます。たまに驚くものを食べさせてくれますが、今回は永楽市場で食べ歩きへ連れて行ってくれました。

早速、永楽市場へ行ってみよう!!

永楽市場は台南駅から徒歩20分程の場所にあります。

駅の改札を出て「中山路」を進んでいきます。三越を通り越したら「民族路」が見えてくるのでその道を右折しましょう。そのまま直進すれば永楽市場に着きます。

永楽市場でおすすめグルメを食べてみよう!!

1.富盛號碗粿

大きな看板が目立っている「碗粿」の老舗です。「碗粿」とは、お米をすりつぶしてお碗で蒸し上げた台南料理で、豚肉、エビ、椎茸など様々な具材が入っています。お碗で蒸しているのでそんな名前になったんでしょうね~

富盛號碗粿

↑醤油ベースのとろみのある甘辛ソースで、中に入っている具材も味がしっかりしていておいしいです。

いつもお客さんで混んでいますが、「碗粿」が蒸しあがると一気に出てくるので回転は速いと思います。

ちなみに、一緒に行った日本人の友達は台南旅行のなかでこの「碗粿」が一番おいしかったそうで、帰国後も「碗粿が食べたい!!」とよく言っています。

「富盛號碗粿」の営業時間は7:00~17:30で定休日は木曜日です。台南人は朝ごはんに「碗粿」を食べることもあるので、朝早くから営業しています。

2. 阿松割包

民族路から國華街に入ったところにある「割包」の人気店です。「割包」とは饅頭の生地(肉まんの白い部分)に豚肉や酸菜(白菜の漬物)を挟んだ食べ物です。「刈包」と書く場合もあります。

「阿松割包」では、豬舌包(豚の舌)、痩肉包(豚の赤身肉)、普通包(豚バラ肉)の3種類のお肉から選ぶことができます。1份2粒(1皿2つ)で売っているので気を付けましょう。

割包

↑ふわふわした饅頭の生地に具がぎっしり詰まっています。酸菜はあふれそうです・・・しっかり味が染み込んだ豚肉と酸菜が合っていておいしいです。狭いですがお店の脇で食べることができます。もちろん、持ち帰ることもできます。

「阿松割包」の営業時間は8:00~18:00、定休日は木曜日です。

3.金得春捲

「阿松割包」の斜め前にあるお店です。「春捲」とは、台湾風の春巻きです。薄い皮に細長く切ったキャベツ、肉、卵焼き。その他、干しエビ、干し豆腐など色々な具材を入れ、ピーナツの粉を入れて巻きます。台湾では、清明節(墓参りの日)に春捲を食べる習慣があります。

「金得春捲」は「春捲」が美味しいと人気なお店で、その場で皮を作って巻いてくれます。見てるだけでも楽しくなります。

金得春捲

↑半分に切って袋に入れてくれます。具沢山で野菜もたっぷり入っています。砂糖が混ざったピーナツ粉が入っているので香ばしくおいしいです。

「金得春捲」の営業時間は7:00〜17:00で、定休日は火曜日です。

永楽市場の付近はおいしいものが揃っているので是非行ってみてくださいね〜

それでは〜