おしゃれな雪花冰のお店でマンゴーかき氷を食べてみよう!Mr. 雪腐(台北、永安市場駅)

Mr. 雪腐 マンゴーかき氷

こんにちは~

かき氷とマンゴーがおいしい季節になりましたね。今年の台湾はマンゴーが豊作らしくて、とてもおいしいです。

日本も夏休みになり、連休がある週は台北の有名なマンゴーかき氷は連日行列です。そこで、今回は永和エリアにある最近人気の「Mr. 雪腐(ミスターシェフ)」という雪花冰のお店に行ってみました。

早速、Mr. 雪腐へ行ってみよう!!

Mr.雪腐は永安市場駅(MRTオレンジライン)にあります。駅に着いて地上に出たらすぐに右に曲がります永安市場駅

1つ目の路地(中和路400巷)でまた右に曲がります。直進すると「国立台湾図書館」が見えてきます。

国立台湾図書館

普段はここから左に少しそれて公園の中を通って行きますが、暑かったのと図書館に興味があったのとで今回は図書館を通って行くことにします。

国立台湾図書館

図書館は結構広くてきれいです。そのまま向かいのドアからでると公園があり、そのまま進んでいきます。

永安市場

↑公園からでたところにある道路です。レンタル自転車(Ubike)と牛排(ステーキ)のお店が目印です。このステーキのお店を少し進むと「Mr. 雪腐」があります(余談ですが、このステーキ屋が超行列でした。気になります・・・)。

Mr. 雪腐

「Mr. 雪腐」は店舗が小さく見つけにくいのですが、この看板を目印に探してください。

7月の日曜日だったので店の前には行列ができていましたが、6時頃の夕食時に行ったので少し並ぶだけで店内に座ることができました。店の前にも簡易椅子があり、そこで持ち帰り用のかき氷を食べている台湾人がたくさんいました。店の中で食べたい場合は注文時に「内用」と伝え、呼ばれるまで待ちます。

「Mr. 雪腐」は西瓜雙響炮(スイカかき氷)や台18珍奶(タピオカミルクティーかき氷)が有名なようですが、今回は夏季限定の芒果牛奶佐鮮芒果(マンゴーミルクかき氷)を注文しました。140元なので良心的なお値段です。日本語は通じませんが簡単な英語は通じそうです。

Mr. 雪腐

かき氷の機械が2台ありました。氷を削っている店員さんはまるで職人のようでした・・・

そんな職人さんが削ったかき氷がこちら。

美しい!!マンゴ―の上にミルク味の雪花冰とマンゴー味の雪花冰がのっています。

Mr. 雪腐

この美しい雪花冰を削るために、店員さんは職人のような目つきになってしまうのですね・・・写真に撮ってもきれいなので、台湾ではインスタでも大人気みたいです。

Mr. 雪腐 マンゴー雪花冰

ふわふわです。マンゴーの甘さと雪花冰の甘さがちょうどいい!!お好みで練乳をかけてもおいしいです。台湾で何軒かマンゴーかき氷を食べましたが、ここが一番おいしいかもっと思うくらいでした。日本から来た友達の台湾グルメランキングでは第1位でした!!

少し台北市内からは離れていますが、これからマンゴーかき氷を食べるならこのお店に来たい!他の味も食べてみたい!と思っています。

このマンゴーかき氷は夏季限定です。マンゴーの季節が終わったらありません。

ちなみに食べている間、「雪花紅茶」という紅茶に雪花氷がのったものがよく売れていました。いわゆる「冰斯淋紅茶(クリームソーダの紅茶版)」のようなものなんでしょうね。おいしそうなので、今度来たら注文してみたいです。

営業時間は12:00-21:00(2017年7月1日〜9月31日は23:00まで営業)、定休日は月曜日です。

Mr. 雪腐(永安市場店)の行き方はこちら。

それでは〜

追記:2017年7月19日にMr. 雪腐の2号店が公館にオープンしたようです(Mr.雪腐のFacebookより)。公館駅から徒歩7分程の場所にあるので台北市内から行くには便利ですね。また、店舗も広くなったようです。

公館店の営業時間は12:00-22:00で定休日はないようです。公館店の行き方はこちら。