台湾でドイツの基礎化粧品を買おう!!日本未発売のセバメド

セバメド

こんんちは~

今回は、私が10年以上愛用するドイツの基礎化粧品の紹介です。台湾なのにドイツの化粧品??と思いますよね・・・台湾に住んでいるときに友達に勧められて使い始めたドイツの基礎化粧品なので、台湾で買いだめして日本に持って帰るのです。台湾の皮膚科が勧める低刺激の化粧品で、敏感肌の私には手放せません。日本でも「セバメド」として売っていますが、種類が少ないので日本にないものは台湾で買うしかないのです。台湾では「施巴」という名前で売っています。

早速、「施巴(セバメド)」の基礎化粧品を買いに行こう!!

セバメドは、屈巨氏(watosons)や康是美(cosmed)などのドラッグストア、寶雅や美華泰などの生活用品スーパー、三越などのデパートで購入することができます。台湾では愛用者が多いので、どこでも売っています。

セバメド

↑セバメドの化粧水。

セバメド

↑この化粧水を最初に友達から借りたときに感動しました。保湿力がすごい!!それまでは1本3000円程の化粧水を使っていましたが、セバメドの保湿力に感動しそれから10年以上使い続けています。お店にもよりますが200mLで450元前後です。敏感肌用なのでやさしく使えます。私はこの化粧水を洗顔後に2~3回つけてます。

セバメド

↑英語でたくさんいろいろ書いてありますが、健康な皮膚と同じpH5.5みたいですね。

セバメド

↑メイク落とし。こちらは大容量の400mLのポンプタイプです。

セバメド

↑クレンジングミルクなので、洗ったあとも乾燥しません。こちらに変えてから吹き出物が少なくなりました。敏感肌用で、200mLと400mLの2種類があります(写真は400mL)。400mLのポンプタイプで800元前後です。ミルクタイプですが、すすぎやすいので肌に残る感じもしません。

セバメド

↑使い方ですが、クレンジングミルクで顔や首を優しくマッサージした後、ティッシュ、コットン、または水でオフします。スモッグが多い場所、または化粧の後はこの手順を繰り返します。1日2回の使用を推奨しています。

セバメド

↑デリケートゾーン専用のソープ。

セバメド

↑pH3.8と普通のボディソープよりも酸性となっています。デリケートゾーンのマイクロフローラバランスを保つpH値になっているそうです。

セバメド

↑200mLで380元前後です。デリケートゾーンにしか使わないのでなかなか減りません。

台湾のセバメドにはベビー用も売っていてお母さんたちに人気があるようです。

セバメドのオンラインショップでその他の商品をチェックすることができます。(https://store.sebamed.com.tw/

私は年に1度の週年慶(創業祭みたいなもの)でまとめ買いすることが多いです。セットで安くなったり、旅行用ボトルや試供品セットをもらえることがあります(週年慶に関してはこちら➡︎ http://chie-taiwan.com/others/20170913/

セバメドはお肌に優しいのでおすすめですよ~

それでは〜