薏仁水(ハトムギ水)と紅豆水(小豆水)で綺麗になろう!!パウダーなので台湾土産にぴったり!!

ハトムギ水とあずき水

こんにちは~

今回は、「薏仁水(ハトムギ水)」と「紅豆水(小豆水)」のパウダーの紹介です。

台湾では、「薏仁」はお肌にいいことで知られていいます。美白やシミにも効果があるとのことで女性には人気のある食べ物です。また、「紅豆」も浮腫みの解消やダイエット効果があると人気があります。

私は湿気の多い時期になると湿疹などの肌荒れに悩まされていましたが、漢方の先生からハトムギを食べるように言われました。台湾のコンビニに売っている「薏仁水」を飲めばいいよと教えてもらいましたが、日本にはないためハトムギを買って帰りました(詳しくはこちら➡http://chie-taiwan.com/health/20170802/)。

ごはんに混ぜて炊くようになると湿疹がきれいになり、春から夏の間は手放せない食材になりました。

ハトムギをごはんに混ぜて炊くのも簡単なのですが、もっと簡単に摂れないかと探していたところ「薏仁水」というパウダーを見つけました。ペットボトルで売っているもののパウダー版ですね!早速、日本に持ち帰りました。水に溶かして飲むだけなので簡単で、今では手放せません。

また、漢方の先生が「ハトムギは冷えるから、身体を温める小豆を食べるといいよ」と言っていました。このパウダーには「紅豆水」もあるので一緒に買いました。

お茶の代わりに「薏仁水」か「紅豆水」を飲むようにしたら湿疹に悩まされることがなくなりました。

早速、「薏仁水」と「紅豆水」のパウダーを買いに行こう!!

購入場所は康是美(Cosmed)というよく見かけるドラックストアです。オレンジの看板が目印です。

ハトムギ水

↑黒豆水やナツメ水などいろいろな種類があります。パッケージがかわいいですね。

薏仁水(ハトムギ水)

↑「薏仁水(ハトムギ水)」。私が買ったときは199元でした。

薏仁水(ハトムギ水)

↑ハトムギが濃縮されたパウダーです。300~500ccの水または他の飲み物に混ぜて飲みます。保存期間は18ヶ月です。

注意事項としては、生理の時、妊娠や授乳している時は飲まないほうがいいそうです。

薏仁水(ハトムギ水)

↑小袋なので携帯にも便利です。

私はお湯に溶かして飲みますが、しっかりとしたハトムギの味がします。ハトムギが苦手な方は他の飲み物に混ぜて飲むといいかもしれません。

次に紅豆水です。

紅豆水

↑「紅豆水」。こちらも199元でした。

紅豆水

↑こちらは小豆が濃縮したパウダー。水、お茶、コーヒー、フルーツジュース、豆乳、牛乳などに混ぜて飲むようです。

紅豆水

↑同じ小袋です。

紅豆水

↑紅茶のような色になりますが、味は薄い小豆です。お湯で溶かして飲んでもおいしいです。

「薏仁水」も「紅豆水」も手軽に飲めるので便利ですね!

美容好きな方へのお土産におすすめです。「薏仁水」や「紅豆水」を飲んできれいになりましょう!!

それでは~