呉園と十八卯茶屋でゆったりとした時間を過ごそう!!(台南)

呉園

こんにちは~

今回は、台南にある庭園「呉園」と素敵なお茶屋さん「十八卯茶屋」の紹介です。

台南の友達を訪ねに行ったときに連れて行ってもらいました。「呉園」は昔のお金持ちが造った庭園で「四大名園」と呼ばれていたそうです。現在は庭園部分は縮小されているようですが、ビルの合間に素敵な景色を見ることができます。

また、「呉園」とその隣にある「台南公会堂」は撮影スポットらしく、結婚式の撮影が行われていました。街中にある静かな場所で、ゆっくりした時間が流れます。台南の街歩きに疲れたら、休憩する場所におすすめです。

「十八卯茶屋」は木造日本家屋の茶屋で、懐かしい感じがする建物です。そこで台湾の烏龍茶やちょっとしたデザートを楽しむことができます。

早速、「呉園」と「十八卯茶屋」へ行ってみよう!!

「呉園」は台南駅から徒歩12分程の場所にあります。駅前のロータリーから中山路に入り、そのまま真っすぐ進みます。民権路を右に曲がり、そのあとに民族路を右に曲がると「呉園」が見えてきます。

呉園

↑風情のある庭ですね。

呉園

↑中華式の建物が池の隣にあって素敵です。

「呉園」の隣には白い建物があり、展示会などが開かれています。この建物が「台南公会堂」です。

台南公会堂

↑撮影スポットなので結婚式の前撮りをしていました。どんな写真ができあがるんでしょうね~

「台南公会堂」の前には木造日本家屋があり、そこが「十八卯茶屋」です(建物の写真を撮り忘れました・・・)。

十八卯茶屋

↑「十八卯茶屋」ではいろいろな種類の台湾ウーロン茶を楽しむことができます。木のぬくもりが素敵な内装です。お茶もおいしく、ほっと一息できる空間です。ちゃんと冷たい飲み物もありますよ~

椪餅

↑友達おすすめの「椪餅冰淇淋(椪餅アイスクリーム)」。椪餅(ポンピン)とは、台南の伝統的なおやつで、街中よく見かけます。それにアイスクリームをいれたデザートで、さくさくした椪餅とアイスクリームがよく合っていておいしいです。抹茶アイスもおいしいです。リンゴはいらない気もしますが・・・

十八卯茶屋

↑窓からは「台南公会堂」が見えます。静かな時間が流れる素敵な茶屋です。

「呉園」への行き方はこちら。

「林百貨」や「台南孔子廟」からも近いので是非観光の途中で寄ってみてくださいね~

それでは~